MENU

映画「アメリカン・スナイパー」をレビュー

目次

あらすじ

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊し、イラク戦争に狙撃手として派遣されたクリス(ブラッドリー・クーパー)。

その任務は“どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること”。

狙撃精度の高さで多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド”の異名を轟かせるまでになる。

しかし、敵の間にもその腕前が知れ渡り、“悪魔”と恐れられるようになった彼の首には18万ドルの賞金が掛けられ、彼自身が標的となってしまう。

一方、家族はクリスの無事を願い続けていた。家族との平穏な生活と、想像を絶する極限状況の戦地。

愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく彼を戦場に向かわせる。

過酷なイラク遠征は4度。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでゆく……。

感想

戦場物の定番、戦場に適応すると日常に適応できなくなるモチーフが出てくる。

おそらく”伝説”と”虐殺者”は鏡像関係。

”伝説”は向こうから見れば”虐殺者”で、”虐殺者”は向こうから見れば”伝説”。

お互いに守るべき家族があるのも同じ。

一番の見所は、”伝説”が”虐殺者”を撃ちぬくシーンで弾道が突然スローモーションになるというゴルゴ13を彷彿とさせるダサすぎる演出。

戦場に過剰適応した兵士の悲哀を持って物語は幕引きを図る。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる