MENU

映画「キック・アス」をレビュー

目次

あらすじ

NYに住むデイヴ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。

ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクを身に付け、自分もDIYヒーローとして街で活動を開始する。

何の特殊能力も武器も持たない彼は、初出動であっさり犯罪者にやられてしまうが、懲りずにパトロールを再開。

その時の活動の動画が見物人によって撮られ、やがて“キック・アス(Kick-Ass)”の名で街中に知られるようになる。

だが、街のパトロールをしていたのは彼だけではなかった。キック・アスは高度な訓練を受けた父娘デュオ、“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)と“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)に出会い、街の犯罪帝国を仕切るフランク・ダミコを倒すため共に戦うことを決意する……。

感想

「大いなる力には、大いなる責任が伴う」とは映画「スパイダーマン」の有名なパンチラインだ。

では「無力な者には責任は伴わないのか?」。

この問いへのアンサームービーこそが「キック・アス」だ。

物語は超人的な能力を持つ「ヒット・ガール」と平凡な力しか持たない「主人公」の二人を軸に進む。

しかし、あくまで物語の中心には平凡な主人公がいる。

つまり、映画はスパイダーマンから超人的な能力を取り去ってもなお、スーパー・ヒーローであり続けることができるのか、というメタ・スーパー・ヒーロー・ムービーなのだ!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる